読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよなら妄想

現実と妄想の狭間で

もう恥ずかしがる必要はない!移動時間にサクッと読めるおすすめスタイルブック

ここ最近移動時間が長いので、寝てる時間以外をどう使うか模索してました。

今までならPCを開いて仕事してましたが、行く先々にコンセントがあるとは限らないこと、充電時間を確保できるか不明なことから、最近はPCを開いてません。

また、iPhoneのKindleアプリで漫画や本を読んでみましたが、こちらはiPhone6s plusの重量の影響で10分程で手が痛くなり断念。

残すは本となりましたが、小説など小さい文字を長時間見ていると目が疲れるので、電車内では読みません。

こういう時に力になるのがスタイルブックと呼ばれるタレント本です。本来であれば写真集を見たいところですが、サイズが大きいこと、羞耻心、価格帯から断念。

おっさんがスタイルブックを見るなんて世も末ではありますが、見た感想をちょろっと書いておきます。

 

I’m マギー

I’m マギー

I’m マギー

 

ファッション、ボディケア、ヘアケア、食事、保湿術、メイク、萬田久子さんの公開処刑など、盛り沢山の内容でした。私物や自宅写真も多数紹介してるので、女性だけでなく男性にもおすすめの一冊となります。余談ですが、あまりの意識の高さにマギーに釣り合う男性がいるのだろうか?と勝手ながら心配になってしまいました。

 

90%ヨンア

90%ヨンア 単行本

90%ヨンア 単行本

 

こちらもメイクや愛用中の化粧品を紹介。ところどころにQRコードがあり、その先へ行くとヨンアの動画を見ることが出来るので何となく得した気分。読み終わった後、タイトルの「90%ヨンア」というのは“90%ヨンアにはなれませんよ”という警鐘だと気付きました。

 

ダレノガレ明美スタイルブック 『I'll give you my all』 

ダレノガレ明美スタイルブック 『I'll give you my all』

ダレノガレ明美スタイルブック 『I'll give you my all』

 

顔は濃いけど内容は薄い本でした。セクシーな写真に関してもFlashで掲載されてた先行カット以外なく、単なるハーフのリア充ブック。大ファンなら買ってみてもいいけど、移動時間に読むと少しモチベーションが下がります。素材はいいのに醤油付け過ぎて残念な仕上がりになった料理のような本でした。

 

Love call 

Love call

Love call

 

少し前まで「Going!」お天気キャスターとして活躍していた佐藤ありさのスタイルブック。構成は私服スナップ、セルフメイクに水着ショットが幾つか。ただ、この子の魅力は静より動。というよりこれは写真集の側面が強く、ちょいちょい周囲を気にしながら読みました。

 

オトナ優香 

オトナ優香

オトナ優香

 

鮮烈なデビューを果たした彼女も既に35歳。他のスタイルブックに比べると自然体で、見ていて目がチカチカしません。優香を見て常に思うのは、同世代よりは若いな〜ということと、顔ちっちゃ!ということ。かつてケンタッキーのCMで「おいち!」と言うシーンを聞く度にゾクゾクしていたことは内緒。


優香 ケンタッキー フライドチキン CM チキンフィレサンド

 

まとめ

今回紹介したタレント本は電車、新幹線、飛行機の中で読むには持ってこいの作品をピックアップしました。全ての本の中に休憩場所(見られても問題ないページ)があるので、何食わぬ顔で読めます。

勿論男性が読んでも面白いか?という疑問があると思いますが、疑問込みでお楽しみください。

ただ、90%以上の確率でヨンアにはなれません。。