読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよなら妄想

現実と妄想の狭間で

豊洲のカオス「Japan Adult Expo 2015」に参加して別世界を味わってきた。

日記

共同代表を務めるパートナーが風邪でダウンした。

彼がダウンした余波で今週はバタバタしている。

電話やメールでの催促は止まらず、正直少し疲れていた。

そんな矢先、パートナーからLINEが届く。
[今日◯◯さんがイベント会場いるみたいだから、行って挨拶だけしてくれる?]
いやいやいや・・・
こっちは自分の業務に加えてキミの仕事もあるからイベントどころではない。

[ごめん。ちょっと今日は厳しいわ]

すると

[せっかくお前の好きなイベントなのに笑]
ん?少し遅れて気付いたがイベント?そもそも◯◯さんって誰?

慌ててGoogleのスプレッドシートで共有している案件管理を開く。

目に入ったのは
「株式会社◯◯(某セクシー動画制作会社) ブログサポート 担当:◯◯さん」
という、久久のWeb案件。しかもアッチ系。

慌ててLINEを送る。
[いつ決まったの?聞いてなかったよ]
[先週後半に決まったのよ。入力遅れた笑]
おいおい(-_-;)

その後このツイッターを見た。

そしてこれに繋がる。

www.jae.tokyo

くそったれ・・・自身のアンテナが年々落ちてきて情けない。

[行ってくる]と彼に送り、全ての作業を一時ストップして豊洲に向かった。

豊洲へGO 

南北線から有楽町線に乗り換えて豊洲駅に到着。

豊洲駅からイベント会場まで歩いて12-14分
ゆりかもめに乗れば会場まで3-5分

他のイベントなら歩いて向かうとこだが、既に私のゆりかもめがパンパンだったので、今回は迷うことなくゆりかもめを選択。

会場へ到着すると担当者が外で待ってくれていた。
挨拶後に関係者テントに案内され、依頼内容について話す。
約30分後に打ち合わせは無事終了。

-本番はここから。

担当者「せっかくなので見ていきますか?」

当然心の中は⇒キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

しかし、今回は仕事のついで。
初対面でドン引きされるのも嫌なので、クールに「はい」と答える。
すると500円の割引券を頂いた。

無料券に期待していたが、まだ部外者なので割引券。
そこまで甘くはない。

カオス

会場へ入ると予想を超える人混みと熱気に驚く。

そしてSODスタッフとして懸命に働く市川まさみさんに感動。

ちなみに入場者は学生?、サラリーマン、おじいちゃんまでと幅広い。


登壇中のしみけんさん。

その他のブースは画像的にNGなので載せないが、豪華なメンツが揃っていて、ただただ「うおおお!」の連続。

芸能人を見てもそこまでの感動はしないけど、今回は全くの別物。

これぞフェスティバル・・・

しかし、ブースを一周するだけでも疲れる。
会場の人混みや暑さ、各ブースから響く音量の大きさに頭がクラクラしてきたので、一旦休憩することにした。

お姫様

外で水を飲み休憩しながら、今度はこのツイートを見てしまう。

ん!?吉沢明歩姫もいるのか?
さっきは見逃したのか?

ナンテコッタイ。

行くか行かないか?の選択肢はない。
休憩を早めに切り上げ、もう一度戦場に入る。

狙いは当然Akiho Yoshizawa

会場は更に人で溢れていたが、該当の物販ブースに辿り着く。
先ほどは物販ということもありスルーしてしまったが、壁には以下の内容が記されていた。

ポストカード、DVD、Blu-rayの購入金額

2,000円以上でツーショット撮影(チェキ)!!
3,000円以上で30秒撮影!!

【吉沢明歩 17:45〜18:15】 ※その他の時間帯は別の女優

これか。 

時計を見ると16時過ぎ。

あまり遅いとスアレスに疑われるので、リミットは18時半と決めていた。
時間はOK。

そしてDVDを購入。

ふと、メールは大丈夫か?と気になった。
というのも、会場は電波が酷く悪くてメールは一切確認出来てない。
一旦会場の外へ出て確認すると、案の定幾つかのメールが届いていたので、確認と返信を行う。

全てのメールを返す頃、今度はこちらのツイートを見る。

やれやれ。
一切こちらに休憩を与えてくれないな。

該当ブースへいくと前のイベントが終わって待機状態になっていたので、かなり前側を確保できた。
にしても、、、前列に陣取る人が持つカメラの質よ・・・
iPhoneの存在がやけに小さく見えた瞬間だ。

イベント開始

羽月希さんはナチュラルな可愛さがあったものの、イベントが「ギャルメイクに挑戦」のようなもので、終始後ろを向いていたのが残念。

ギャルメイクに変わり、最後は水着姿になって様々なポーズでファンサービス。
不思議だが目が慣れてきてしまい、水着姿程度では“普通”に感じてしまうのだから怖い。 

aso.hatenablog.com

最後は待望の吉沢明歩。

先ほどDVDを購入したブースの列に並んでいると、撮影場所に入る吉沢明歩を発見。

やはり美人・・・

撮影場所はパーテーションで作られていて、間からチラチラ見ていたらこちらに気付いて手を振ってきた。
なんて美人なんだ・・・

コスチュームはスーパーマリオの格好をしている。
俺のキノコも・・・

列はスムーズに進み、いよいよ私の番。
しかし係員さんより「スマートフォンは禁止なんですよ」と・・・

そりゃないぜ・・・と思いながら1m先にはAkiho Yoshizawaが笑顔で待っている。

スヌーピーの名言でこんなのを見た。

配られたカードで勝負するっきゃないのさ
…それがどういう意味であれ。

 『じゃあチェキでお願いします。』

間近で見るAkihoは、都内で見る「美女」とは一線を画していて、もはや絶女レベル。

こんな絶女に「いつも見てます」では失礼だ。

彼女に対しては「ブラボー」しかない。

なので彼女に伝えた。

「いつもブラボーです」

完全に滑ったが、そんなキショイオジサンに対し「ありがとうございます!」と対応する彼女はやはりプロ。

ツーショット撮影時に左肘に当たった柔らかいものが何だったのか今も分からないが、左肘は洗わないようにしておく。

こうして大満足で会場を出た。

今回私がお金を使ったのは

入場料2,000円
吉沢明歩のDVD&2ショット撮影3,000円
篠田あゆみのサイン入り写真1,000円
途中で飲んだジンジャーエール300円

大切な想い出・・・プライスレス

満足と・・・

18時過ぎに会場を出ると、辺りはだいぶ暗くなっていた。

外の静けさと中の盛り上がりが嘘のよう。

駅から豊洲の夜景をしばらく見ていた。

踏み込んではいけない世界へ入ってしまった気持ちと、妙な満足感を得て家路に着く。

家に着くと愛犬Dがいつものように迎えてくれ、スアレスはブツブツ言っている。

そこには家を出る前と変わらない日常が待っていた。

唯一変わったのは、イベント会場で購入したバレたらアウトなグッズ。

今は見つからないことを祈るばかりだ。。。