読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよなら妄想

現実と妄想の狭間で

同じホテルを選んだ学校と友人のプランに汁そうそう

今週のお題「思い出の先生」ということで私の思い出を少し。

先生との思い出と言っても名前も知らない先生。先生という学校です。

 

今回は25歳の頃に友人(以下O君)と長野県の松本方面へ旅行へ行った際に起こった出来事なので・・・今週のお題と関係ありません。

目的達成できなかった旅行

『人生とは旅であり、旅とは人生である。』by.中田英寿

 

9年前。

仕事で辟易としていた私と0君はリフレッシュするために長野県の松本市へ行ってきました。

f:id:f-aso:20150913112902j:plain

落ち着いた町並み、彩り豊かな紅葉、蕎麦、おやき、町を歩く美女、垢抜けない高校生、具体的には女子高生、背伸びした大学生、土産屋の娘さん、蕎麦屋の娘さん・・・

そこには今求めているもの全てが用意されてました。

 

見るもの、触れるもの全てが美しい・・・

期待通りに疲れを癒やして初日の観光は終了。

 

ホテルは松本城から歩いて数分の場所にある花月という名のホテル

hotel-kagetsu.jp

こちらはビジネスホテル同等の料金でレトロな雰囲気を味わえるというポイントを気に入り、旅行へ行く2週間前に予約。※勿論O君とは別室

 

ホテルは素泊まりで予約したので、観光終了後にホテル付近の定食屋で夜ご飯を食べ、翌日の朝フロント集合ということで解散に。

本題はここから。

絶対に負けられない戦い

私は部屋へ到着するとバッグをベッドに放り投げて部屋を出ました。

目的はエレベーター前の自販機!

その自販機とは、有料チャンネルを見るためのカードの自販機。

分からない人の為に説明すると、ホテルの部屋でチャンネルを回していると写るアレです。

男女がアヘアヘと絡むアレです。

ペイチャンネルと言われてるアレです。

通常だとサンプルで3分程しか流れませんが、この魔法のカードがあれば24時間視聴が可能となる、どんなカードよりも眩いカード。

私はこの気高きカードを「キラカード」と呼んでました。

 

しかし、友人や他のお客さんにカードを購入するシーンを見られたら恥ずかしいのも事実。急ぎましたよ。そして走りましたね。

しかし!待っていたのは、このような張り紙。

本日は修学旅行生が宿泊しているため、こちらのカードはご利用いただけません。

へ?

少し考えました。

 

5秒後

「そうか!学生さんがいるから見れないようにしているんだな〜」

と理解しました。

当然です。

中学生か高校生になるかは分かりませんが、“抜きたい”ポテンシャルは20代以上・・・

学校側としても責任があります。

ここは見せる訳にいきません。

イかせる訳にもいきません。

全て。全て理解できます。

 

しかし、私も当時は彼女いない男25歳。

昼間の観光で心のチャージは完了済みです。蕎麦も食べた。素敵な景色も見れた。

残すミッションは、自身のパンパンになりそうなおやきの開放のみ。

 

気持ちを抑えられなかった私は一縷の望みで張り紙を捲り、千円札をそっと入れてみました。

すると、、、

『ウイーーーん』と出てきましたよ!!キラカードが!!

f:id:f-aso:20150911175802j:plain

ゲッツです。執念です。グッジョブ俺。

 

そこに、エレベーターからカップルが出てきました。

これから部屋で一戦行うのでしょうか?レトロな部屋でレロレロでしょうか?

すれ違いざまに彼氏が私に向けて放った蔑む目も痛くありません。

なぜか?

既にこの時点で

女 < キラカード となっていたのです。

張り紙もなく通常通りに購入してれば負けた気になっていたでしょう。

しかし、張り紙という紙を乗り越えて購入したカード。

キラカード。

(恐らく)この日は私しか手に入れてないキラカード。

悪夢

意気揚々と部屋に戻り、落ち着いてカードを挿入する箇所に入れます!

 

 

 

 

すると、、、

f:id:f-aso:20150911180236j:plain

何も映りません。

ナニも!美女も!営みも!亀甲も!レロレロも!目隠しも!ぶっかけも!二回戦も!!

ナ・ニ・モ・カ・モと、放心状態になりながら番組表に挟まれているペイチャンネルの番組表を確認しました。

 

時間もチャンネルも間違ってない。

なのに、、、なぜ、、、?

もしやテレビの故障か??

いや、通常番組は映る。

ペイチャンネルのアンテナ?そんなことあるのか?

 

慌ててフロントへ電話しました。

「すいません!カード入れたんですけど見れないんです!」

「カードとはどのカードでしょうか?」

「どの?エレベーター前で買った有料チャンネルのです!」

「申し訳ございません。本日張り紙でもご案内しているように、修学旅行の団体様がご利用でして〜」

・・・・・

やられた。。。

ホテル側が一枚上手だった。。。いや、宿泊した学校が側の判断か。。。

抜かりないよ。抜けないよ。。。

 

こうしてレトロな雰囲気のホテルでレロレロシーンを見て、自身のおやきをペイしようとした策略は脆くも崩れた。

残ったのは既に効果のないキラカード・・・もはやキラではない。 

 

電話はまだ続いていて、フロントの方が

「カードお持ち頂ければご返金させて頂きます」と。

もう部屋番号もバレてるし、なにより魔法が解けたカードに何の価値も感じなくなったので、私は言われたとおりフロントへ向かうことにした。

 

「説明が足りずに申し訳ございませんでした。」と頭を下げるフロントの人。

怒るわけにもいかない。どちらかと言えば、怒られるのはこちらのほう。

頭を下げられている時間が酷く恥ずかしかった。

そしてようやく我に返った。

女 > キラカード だと。

 

何とも恥ずかしい気分になった。

穴があったら入りたい。穴に入れられないなら、せめて隠れさせてくれ。。

「張り紙したのに見ようとしたの!?バカじゃね?」とスタッフの方は思っただろう。

なんでもいいや。。。

友の選択

部屋に戻る際、ふとO君を思いだした。

O君も「あれ?映らない?」とかやってるかもしれない。

せっかくの旅行がペイチャンネル見れない事件で二人が傷つくのは避けたい。

恥をかくのは私だけで十分。これ以上の犠牲者は絶対に出さない!

そんな思いを抱えてO君部屋へ小走りで駆け寄ると、、、O君部屋をノックする女性。

 

あれ?

 

O君がドアを開くと、日中の観光では見せなかった不敵な笑みで、具体的にはまりもっこりのような目で部屋に来た女性を迎え入れていた。 

まりもっこり ご当地 ストラップ 信州ブラック もっこりんご
 

そう、奴は性の専門家(通称デリ)を呼んだのだ。私に内緒で。

奴はとっさの判断で切り替えたのだ。

ペイするため。

レトロなホテルの一室でおやきをレロレロしてもらい、愛を叫ぶため。

 

チェックインしてから二度目の失望を味わった私は、重い足取りで部屋に戻った。

翌日

フロントで待っていたO君は実に晴れやかな表情をしていた。

「昨日の夜呼んでたでしょ?」と単刀直入に聞いてみた。

自身の単刀を直入どころかペイさえもできずにしくじった私が質問するのもあれだが、2日目を快適に過ごすために聞いておきたかったのだ。

すると、「あっ、、、バレた(笑)?まあ、普通だったよ」とケロッとした表情で答えた。

昨日の夜見たまりもっこりはどこへやら。。。

切り替え

気持ちを切り替えて二日目は安曇野にも行き、非常に有意義な時間を過ごすことが出来ました。

 

ペイできなかった私とプロに委託した友人。

そんな二人のペイ事情などどうでも良いのだ。

そんな気持ちにさせてくれた安曇野の自然には感謝しかない。

朝に感じた嫉妬は安曇野の川茂にゆっくりと流れていきました。

f:id:f-aso:20150913130925j:plain

ゆるりゆるりと。

 

こうして前日にペイは出来なかったけど、大満足の旅行で幕を閉じました。

 

 

 

 

ペイはできなかったけど。。。

広告を非表示にする