読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよなら妄想

現実と妄想の狭間で

明日はきっといい日になると信じて

昨日のエントリー 

aso.hatenablog.com

こちらアップ時は( )を入れてませんでした。

昨日の朝、一昨日の記事(参照:堀北真希と山本耕史の幸せを心から願う!! )のエントリーを直すよう注意が届いたのでいつもの如く修正し、『これでどうですか?』と返答。

そして、「今後も続ける」宣言を過去のエピソードを交えて説明することを決意。それが昨日の記事で19時半に予約投稿の設定も完了。

しかし・・・

 

 

・・

 

・・・

 

19時過ぎに広告が全停止になってしまいました。。。

宣言する直前に停止。注意じゃなくて停止。完全にNG。NG=ノーグッド。NG=日光猿軍団。。。

いつかくるとは予想してたけど、何も夏の終わりに止めなくたって・・・

 

今日も光り輝く広告達

日付変わって今日も多くのブログ上に光り輝く“あいつら”

タイトル下、記事上、記事下、サイドバーなどで眩しくアピールする“スポンサーリンク”もしくは“スポンサードリンク”・・・私のブログにも昨日までは確かにあった広告。それは生命線であり。ほうれい線でもあり。センとズリの神隠しでもあり。。。

 

今はただただ悲しい気持ちでいっぱい。

例え『キミの股間にダンクシュート!』と言っても注意してくれない。。。

『おいおい!やり過ぎだよ笑』と面白おかしくやり取りしていたのは遠い過去へ・・・そういえばタイミングよく今週のお題「一番古い記憶」、、、やかましいわ。

 

担当者へ

しかし、冷静に考えれば停止は必然。ここは不満を述べるよりも冷静に分析して次に繋げることで、今回の経験が「よかった」と言えるようになりたい。ということで、担当者がこのブログを拝見することを想定し、「手紙」という形で反省と今後の展望を述べることにした。


ご担当者様


 夏の終わりを告げるように、つくつくぼうしが鳴き始めました。広告停止を決意した殿方に於かれましては生気あふれる日々をお過ごしのことと存じます。

 さて、この度は不適切な記事で多大なるご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。 当方で原因を調査いたしましたところ、男性シンボルに付随するしわくちゃな“お玉ちゃん”を、おばあちゃんとの思い出の品「小豆入りお手玉」にすり替えて表現してしまったことが原因であることが判明いたしました。 

 こうした“すり替え表現”を分かりづらくするため、極力「下エッセンス」から離れている叔母を用いましたが、認識が甘く、結果的にジョークが通じない担当者様の作業を増やしてしまう事態となりました。担当者ならびに関係者には多大なご迷惑をおかけしましたこと、また担当者様のプライベートに於ける貴重な抜き時間を減らしてしまったことなどを深くお詫び申し上げます。既に該当記事はお手玉を封印しており、今後は二度とこのような“お玉類”の不適切な表現の無いよう、細心の注意をはらう所存でございますので、何卒ご容赦のほどお願い申し上げます。

 略儀ではございますが、取り急ぎ書面にてお詫び申し上げます。どうか今後とも変わらぬご指導のほどよろしくお願い申し上げます。


以上となります。

担当者がこの記事を読んでくれることを切に願う。

 

しかし、グーさん・・・

 

 

 

 

 

 

おいなりさんならセーフ?

f:id:f-aso:20150829123129j:plain

広告を非表示にする