読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよなら妄想

現実と妄想の狭間で

ぶっかけ女子急増中の丸亀製麺がライフラインです

本懐

昨今様々な『◯◯(系)女子』という言葉が生まれている。

カープ女子、サブカル女子、サバサバ系女子、肉食系女子、お嬢様系女子、肉棒女子・・・女子という言葉が入ることでキャピキャピ感と楽しそう感が程よく混ざり、個人的には大好きな響きです。

そんな『◯◯(系)女子』で最近注目しているのが「ぶっかけ女子」

「おいおい!女子はぶっかけられる側だろ?」と思った方は一旦落ち着いてください。今回は丸亀製麺の話。 f:id:f-aso:20150819110413j:plain

丸亀製麺は、私のようなお小遣い制ボンビーメンにとっては非常に助かる店舗。
天ぷらを頼まなければワンコインでお腹を満たすことができるので、平日は結構な割合で行ってます。

デメリットとしては週3以上のペースで行くと飽きてしまうことと、「今日は天ぷら頼んじゃおうかな?」なんて贅沢すると瞬く間に1,000円オーバーになってしまうので、通うペースには十分注意が必要。

気付かなかったぶっかけ女子

そんな丸亀製麺を週4でも楽しめる方法を最近見つけてしまいました。 それは「ぶっかけ女子」

自宅近所にある丸亀製麺のお客さんはファミリーばかりなので、丸亀製麺=家族という勝手な解釈をしてましたが、私が昼食に使う六本木の丸亀製麺はサラリーマンかOLしかおりません。

ここがミソ

ある日いつものように丸亀製麺へ行った時のことです。
私の前に並ぶOLさんがオーダーの際『ぶっかけうどんの大で!』と店員さんに伝えました。
なんてことないオーダーにも聞こえますが、美しい立ち姿をしたOLの口から『ぶっかけ』という言葉が…。

その後も次から次へと

『ぶっかけでお願いします。』

『ぶっかけ大!』

『ぶっかけで!』

と聞こえてきました。

恐らく夜は『ぶっかけて〜!!顔にぃ〜!顔にぃ〜!』と懇願する側に回っているだろう彼女達が、昼間はクールにぶっかけを希望していることに驚きと喜びを隠しきれなくなりました。
そしていつしかこの“オーダー盗み聞き”という非常に質の悪い趣味を覚えてしまった私は、敢えてオーダーが聞こえる席を選ぶようになり、様々な貴女から発せられる『ぶっかけお願いします!』をオカズに、週4ペースでも丸亀OKな体質になりました。

更なる高みを目指して

今回は初心者向けのハウトゥーでしたが、慣れてきたら食事中の会話も盗み聞きしてみてください。

凄いしこしこ♪
ちくわ天が大きすぎて口に入らないよ〜
今日のイカ天少しイカ臭いねw
このナス天ご立派!

などのホットワードが、貴方の五感を刺激して午後からの活力を与えてくれます。 退屈な昼休みを送っている人は是非一度お試しあれ。

注意)盗み聞きし過ぎて殿方の丸亀がカチンコチンに変わって鋭利な亀からウスターソースが発射されても責任は取れませんので、予めご了承ください。ご利用は計画的に。無理のない丸亀製麺ライフを。

tabelog.com

広告を非表示にする