読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよなら妄想

現実と妄想の狭間で

新入社員が会社を辞めたいと思った時に考えて欲しい事

春ですね〜

桜も各地で咲いてきているようです。

f:id:f-aso:20150402153517j:plain

4月から新しい環境に身を置く人も増えて、いよいよ新年度のスタートです。しかし、早くも会社を辞めたいと思っている人はいませんか?

予想より厳しかった。

通勤が大変すぎる。

怖い人がいる。

入社1週間以内に行きたくない飲み会に強制参加させられている。

人によって理由は様々ですが、うまくいかない・嫌だなと考えると、どうしても逃げたくなるもの。

私も過去に現実逃避したいなと思ったことは一度や二度ではありません。

そこで今回は、会社から逃げ出したいと考えている新入社員や転職者の人に、逃げる場合のことを説明しておきたいと思います。

そうです。逃げるが勝ち。

逃げることのリスク

逃げるが勝ちと言いましたが、デメリットはどんなことが考えられるか。

次の職場を見つけないといけないこと。

逃げる場合、恐らく事前に内定を取り付けている強者はいません。書類⇒面接(1、2回)⇒内定⇒入社の流れは早くても1ヶ月ほどかかるはず。

※むしろ『明日にでも来てくれ!』なんて会社は危ない。

当然ですが、新卒の人は職歴がないか少ないので直ぐに逃げたことがバレたらかなり危うい。

周りに言いにくい。

家族、友人、恋人、配偶者。全ての人に伝える必要もありませんが、身近な人には言わねばならないこと。いかに自分を正当化させたところで「逃げたな」とは思われてしまいます。

生活費

これは人によります。実家暮らし、数カ月分の生活費をカバーできる貯金がある人は問題ありません。しかし、一人暮らしで貯金がない人、家族を養っていかなければならない人にとって収益源が絶たれるのは死活問題までになります。

“逃げた”という経験

石の上にも三年と言いますが、そこまで頑張る必要もないと思ってますが、1ヶ月以内に逃げる結論に達してしまった人は、今後も“逃げる”という結論を早めに出してくる可能性が高いです。これは最終的に自分へのしっぺ返しとしていつか返ってきます。

こんなところでしょうか?

逆にメリットは自由になれること。ただ、その後に上記デメリットが、会社に在籍していた頃とは違った悩みをとして苦しむことになります。

社畜なんて言葉がありますが、社畜でなくなると地獄になる可能性もあるので、逃げる場合は慎重に。。。 

f:id:f-aso:20150402153236j:plain

良い逃げ方

では、良い逃げ方をするために会社に在籍しながら出来ることとは?

下準備

料理もそうだが、何より下準備が必要になる。

新卒 ⇒ 他の会社にエントリーしてしまう。

既卒 ⇒ 会社の仕事はサボらず、しっかりこなし、裏で転職サイトや人材紹介を利用

新卒の場合は厳しいが、まずは動いてみることが大事。

既卒に関してはキャリアの棚卸しから次に進むべき道を模索するべし。方法は新卒より多いはず。

このように、まずは次への準備を会社に勤めながら進めること。場合によっては面接は仮病を使って行ってもよい。逃げたいと思った時点で、必要なのは見栄や社会的なことではなく、自分が食べていく道のはずなので。

身近な人には伝えておく

いきなり会社を辞めたとなると、周りにも迷惑がかかります。

この際必要なのはポジティブな変更をこれから行うという意思を伝えること。後ろ向きな逃げは直ぐにバレてしまいますからね。

もう一度考えてみる。

そもそもなぜ逃げたくなったのかをもう一度考えてみると、逃げない選択肢が出てくる可能性もある。

完全に自分が悪いというケースも中にはある。

仕事を教えてくれなかった、怖い人がいるなどはその典型で、そういう人を見返すのも仕事の醍醐味の一つと考えればそこまで悪いことではない。と言いたいところだけど、キツい人はキツイんだよね(笑)それは良く分かります。

では、少し発想を変えて悩みを抽出してみるのはどうだろうか。

逃げ出したいのは、仕事?人?会社そのもの?何かあるはず。その抽出した悩みに該当してそうな自分以外の人を探してみる。見つけたら話しかけてみる。そこで馬が合い、反◯◯軍のようなものが結成されて、会社へ行く一つのモチベーションになる。

仕事が悩みなら、悩んでいる仕事が得意そうなに話しかけて教えを請う。声をかけた人が難しい場合は他の人に、、、と繰り返していくうちにある程度会社の人と話せるようになれる。

いずれも断定的な言い方になってしまうが、ポジティブな行動を一つでも多く作ることで状況が変わる可能性もあります。

ただ面倒で大変でということだけで会社がブラックに見えているのは非常に勿体無い。

あからさまにおかしな会社でなければどんなことでも成長できるチャンスが待っている。さらに言ってしまえば、ネットでもブラック企業と出てくる会社を長年務めることが出来ればそれさえも一つのステータスになる。

他人ごとなのでここまで言ってしまいましたが、見方の問題なのかなと考えているので、「これダメ!あれもダメ!はい転職!」ではなく、一度面接を受けて入った会社なので、もう少し気持ちに猶予を与えることも必要だと思う。

間違ってほしくないのが「会社ダメだ!自分でやるしかない!」なんてネットの情報を鵜呑みにしてしまう人。

私の周りにも会社を逃げるように辞めて、直ぐに個人事業主になったものの、鳴かず飛ばずで直ぐに会社員に戻った人が数名います。そうはならないように。

マネー報道著者さんのようにしっかりとしたプランがフリーでの活躍に繋がってくるのです。

moneyreport.hatenablog.com

まだ4月スタートして間もないですが、早くも会社を辞めたいと考えている人は少なからずいるはず。

そんな新入社員の皆さん!少し頑張ればゴールデンウィークが待ってますよ〜!それが終わればお盆休みまでに使うためのお金を稼ぐためと割りきってください(笑)

それが終わったら秋の出費、クリスマス、年末年始の出費と出費君が先に待ってくれてます。

f:id:f-aso:20150402172031j:plain

最初はそんなリア充目的で頑張ればいいんですよ!

そうしていくうちに色々と見えてきますから。

それでは今日はここまで!